インターネット予約受付

おおの耳鼻咽喉科クリニック
耳鼻咽喉科
小児耳鼻咽喉科
アレルギー科

〒489-0971
愛知県瀬戸市西本地町1-70-1
TEL: 0561-21-2100

鼻の日帰り手術について

お薬でコントロールのできない鼻づまりや鼻漏・においの障害などに対して外科的手術は以前より行われていましたが、ほぼ入院での治療が必要でした。

ところが近年、内視鏡や止血器械のめざましい進歩により出血や痛みを最小限に抑えた手術術式が開発され、日帰りでの手術でも安全に行うことが可能となってきました。

もちろん症例によっては入院での全身麻酔下手術が適している場合も多くあり、見極める経験と技術も必要とされています。

当院ではこれまで1,500件以上の鼻手術経験を持つ院長が対応しており、当院での血液検査やCT・においの検査などでしっかりと病態を把握して、最新の日帰り手術を提供いたします。

なお、全身麻酔の必要な小児の方や重症な方、たくさんの持病を持たれている方などは近隣の総合病院へ紹介致します。

安心してご相談ください。

       

花粉症・アレルギー性鼻炎の手術について

■ 花粉症・アレルギー性鼻炎に対する下鼻甲介ラジオ波凝固治療


毎年花粉症の季節になると薬が手放せないが眠気や鼻閉が強くてお困りの方、年中鼻炎による鼻汁・鼻閉にお困りで薬をいつも服用しなければいけない方に有効な治療法です。一般的なレーザーでの下鼻甲介粘膜焼灼術と比較して、以下のような特徴があります。

粘膜下の組織のみを凝固させるため、粘膜表面の損傷が少なく出血が少ない

〇直接焼く訳ではないので、術中の嫌な煙やにおいの出現が少ない

〇レーザーと比べ、より長い効果持続が期待できる (1~2年) 

〇特に市販の点鼻薬などの常用により下鼻甲介粘膜の腫脹が強く鼻つまりの強い方に有効

レーザーに効果が不十分な方にも効果が期待できる

△細い針ですが、直接粘膜下に刺入しなければいけないため直前の麻酔注射が必要 

△粘膜下組織をやさしく凝固させるため、効果が出るまでに数日かかる場合が多い(術後一過性の鼻粘膜腫脹も)


処置時間自体は、両鼻でレーザー同様5~10分程度です。 術前の麻酔もあわせて30~40分程度のお時間が必要となります。 鼻のなかにガーゼを入れて表面麻酔を行った後に注射でも麻酔をしますので痛みはほとんどありません。 施行後は吸入した後、そのまま帰宅していただけます。

麻酔薬を用いますので、麻酔薬にアレルギーのある方や心臓疾患のために血を固まりにくくさせるお薬(バイアスピリンなど)を内服されている方はご遠慮いただいております。

施術に際しては、午後の診療時間での施行となります。 予約制となりますので、ご希望の方は受診の際にご相談ください。(術前検査・問診が必要となります。すでに当院での施術済の方は不要です。)

スギ・ヒノキ花粉症をお持ちの方は、効果減弱の可能性があるため症状が強い時期の施行は推奨されていません。翌年度の飛散シーズンに間に合わせるために、1月までの施行をお勧めします。

慢性副鼻腔炎の手術について

においの障害の手術について

準備中     

クリニック案内

医院名
おおの耳鼻咽喉科クリニック
院長
大野 伸晃
住所
〒489-0971
愛知県瀬戸市西本地町1-70-1
診療科目
耳鼻咽喉科
小児耳鼻咽喉科
アレルギー科

電話番号
0561-21-2100
おなかをクリックしてみてね♬